そうとくん

souto.exblog.jp
ブログトップ

香港・マカオの旅③

 (旅3日目スケジュール)
午前中ホテルでゆっくり→船で香港へ→街をぶらぶら

この日は、マカオから香港への移動日となりました♪
まずは、午前中!コレに乗る♪
f0139029_2338797.jpg

↑ホテル内に川があり、そこで乗るゴンドラ☆
ほとんど乗る人も居ず・・・・そんな私たちは珍しかったのか、他の観光客の脚光を浴びた!!!
お兄さんもヴェネチアさながら???歌まで歌ってくれた~♪

そして、都会にはどこにでもあるスタバでコーヒーを飲みヴェネチアンリゾートマカオをあとにする!
f0139029_23412492.jpg

せっかくなので、日中のホテルの外観もどうぞ!
そして、上の写真は「カジノ」。基本敷居で中も見れませんが、2階から少し垣間見ることができます。

ここで「カジノ」について少し♪

マカオの大きなホテルには大体「カジノ」をするところがついている。
2日目の街を散策している途中に、グランドリスボアやウィンなどの「カジノ」にも見学に行ってきたが、やはりヴェネチアンのカジノはなかなか良いと感じた。会場も恐ろしいくらい広いし、天井も高い。スケールが大きいところが、非現実的な感じがして、とてもよかった♪
そして、1人でも行きやすい環境のようにも思えた。。。

1人で行く・・・・と言えば、今回の「カジノ」!
以前も記したように、ソウトは未成年で入場禁止なので、パパとママは交代で1人づつ入場。
わたくしも、せっかくマカオまで来たのだから・・・・と思ってヴェネチアンに泊まった初日。
1人カジノ場へ足を運んでみた。
せっかくだから何かやってみよう。。。と思い、まずは出来そうなものを物色。
ルーレットやブラックジャックをやっている場所が沢山あり、裕福そうな!?人々がこれでもか!?と勝負している!
まさかまさか、こんなところに1人入れまい・・・・と手堅いところでスロットマシーンに手を付けた!
しかし・・・・ボタンが沢山ありすぎて・・・どうやってやったら良いか!?不明。。。
意味不明ながら、恐る恐る20HK$のお札を入れてみる。
うぅぅぅむ。。。
ボタンの押し方が分からない。。。はて?どうしよう。。。
と考えているうちに、適当に光っているボタンを一つおしてみる。。。すると・・・・・・
なんと。。。入れたお札が、そのまま20HK$のバーコードの紙きれになって返ってきた。。。
おぉぉぉ~と、失敗!!!
恐らく、マシーンについては、勝った金額や勝負をやめる時の返金等全てバーコード式になっていて、それを返還機に入れて、現金に戻すという仕組みらしい。。。
あ~~~疲れた。。。
勝負まで至らず、自動機械にて、バーコードを現金に戻し・・・終了!

この後、パパにやり方を習い、リベンジのスロットマシーンと、ルーレットには参加♪
マカオのスロットマシーンの面白いところ。
私が以前モナコでカジノを経験したときにあったスロットや、いわゆる日本で見た事のあるスロットは、ラッキー7というように「777」が三つ並んでいた。
しかし、ここマカオでは「888」と「8」が三つ並ぶことになっている。
これは、「8」という数字が縁起の良い数字とされているC国ならでは!?だなーと思った。
とりあえず、よい経験ができました☆

そして、パパちゃん。
連日夜中の2:30まで「カジノ」に没頭!!!
その甲斐あって、初日の負けをプラスに変えたそうな。
やるねー!パパって!

さて、マカオでの良い思いでを胸に香港へと向かった私たち♪
しかーーーーし、香港行きの船は数種類の便があるものの、私たちの乗った船が最高に揺れる揺れる揺れる揺れる・・・・一時間強あった船上ライフ。。。ママは最悪なものとなりましたよ(汗)多くは語りませんがね。
ソウトが平気だったことが、まだまだ救いです。。。

さて、あまりにも苦しい船上ライフを過ごした後無事香港へ到着!
タクシーへホテルまで向かう。
f0139029_08216.jpg

↑今回の私たちの宿泊先は、地下鉄の主要駅から徒歩3分という好立地!
まず驚いたのが、ホテルや路上に欧米人やアラブ系の方々があまりに多いこと。
でついでに、物売りの勧誘も多く、少し治安の悪そうな雰囲気があった。
f0139029_0103268.jpg

↑夕食のC国料理屋さん。
名物の「大シャコのニンニク風味」や「伊勢海老のバターチーズ」、「マンゴープリン」など、とても美味しかった♪口コミで予め調べてあったこと。フランスパンを自分で買って来て渡すと、薄く切って焼いて持ってきてくれる!というものも早速実行!!!このパンを、伊勢海老のチーズと食べると絶品という。
もっちろん、とても美味しかった☆☆☆
街をぶらぶらする。
さすが香港!日系デパート西武やそごうだってある。
街もとても綺麗だっ!

マカオが少し現実離れした大人な街なら、C国文化と共存した英国、活気もあり日本とも少し似ている部分も感じられる。サラリーマンだって日本人みたいな格好しているし、OLと思われる人の様子だってあまり日本と変わらない。
イエンタイから来た私たちには、なんだか懐かしくもある都会、異文化や多人種のあつまる都会・・・・となんだか妙な気分であった☆

四日目に続く・・・・・
[PR]
by chie616s | 2009-03-19 00:29 | 家族