そうとくん

souto.exblog.jp
ブログトップ

北京の有名なレストランが煙台にもやって来た

ニーハオ。カトパパです。


煙台・威海日本人会の忘年会が先日催されました。
218人、80社が登録されており、
今回は70人くらいが参加。

(必ずしも登録されていない日本人もいるので
  煙台在住日本人は300人くらいだと想像する。)



加藤家は如何なる会合だろうと参加の方針なので
きっと来年は居ないだろうから、
なんて言いながら3回目の忘年会出場。



遊び友達、ゴルフ仲間、会社つながり、挨拶程度、ママ友関係で
煙台では日本人200人くらいが知り合いなのかなーって感じ。




そんなお知り合いの一人から
煙台に最近オープンしたという中華料理屋へ招待されたので行ってみた。

カトパパは基本的に中華料理嫌い。

油っこい、ニンニク臭い、味付けが合わない、
で、結局満腹食べられない、というのが理由だ。

でも、年に相当回数行く。

やっぱりカニも食べたいし、
アテンドで連れて行くことも多々あるわけで、
今回は予告なく中華だったから気が楽だった。



f0139029_10261697.jpg





外観があまりに立派で驚いた。


続いて中へ、



f0139029_10281480.jpg





f0139029_10284516.jpg





中へ入ったらもっと驚いた。

古い洋館を改造したレストランで、
昭和初期や明治村にありそうな雰囲気。



コース料理だったんだけど、
どれもヘルシーで中国特有の臭さもなし。

なにせ品がいいんですよ。



f0139029_1035172.jpg


これは全て芋(豆だったかも)でつくってある。




f0139029_10352152.jpg



長芋とその実。こんなん初めてみた。




f0139029_10373553.jpg


鹿?の肉と右はアリゲーターの肉。




f0139029_103854100.jpg


蚕だって可愛い。




f0139029_10403933.jpg


非常に整ったディナーを堪能し、
この地が昔は領事の域だったという話しや、
煙台の歴史について談義したりと、
10年、20年、人によっては40年も煙台に住んでいる人たちとの食事は有意義でした。


そして、
煙台にも立派なレストランが出来たことにも喜んだ夜でした。


f0139029_1047151.jpg

[PR]
by chie616s | 2009-12-22 10:51 | パパのニーハオ日記