そうとくん

souto.exblog.jp
ブログトップ

実は、今・・・・・。

いろいろありまして・・・お久しぶりのニーハオです!

実は、ソウトとママ。。。ちょうど10日程前に・・・日本へ緊急帰国いたしました~!!!!!

・・・というのも、11月上旬の出来事。

急に、ママの体調が悪くなる・・・慣れない煙台のあまりの寒さも加勢してか!?当初、風邪と勝手に想像していた体調もよくならず・・・。
しかし、煙台の病院は、ほとんどよいうわさを聞かないため、そのうち治るだろう!とお家でゆっくりするも、治らず。そして、あまりに体調が良くないので、パパの会社の取引先の日本人の方のご紹介で、煙台で一番大きい病院というところへ、通訳さんも一緒に付いてきて頂いて受診。

なんと!病名は「慢性胆のう炎」・・・・(ショック!!!)
わたし的にはかなりノーマークな臓器の病名に驚きを隠せませんでした。

中国人の先生曰く、「では来週より注射の治療を始めましょう!」「慢性なので、手術でとってしまった方がよいですよ~」と・・・・。

ちょっと待ったー!中国で、数回も注射を打ったり手術するのは、ご勘弁を~!!!
ヘルプ・ミー!日本のお医者様!!!と本気で思いました。
即パパと、日本に帰国することを決断!
そして、日本に無事帰り、日本の病院へ翌日行ったわけです。

そして、病名は・・・?
「慢性」では無く、「軽い胆のう炎」でございました。。。
お見立ては完全に間違っていなかったし、症状が煙台で言われた症状よりマシで、ひとまず、お薬の服用だけで大丈夫そうだったので、とてもホッとしました。。。が、わたしの可愛い「胆のうちゃん」を治すため、しばらく日本で療養することに、なりそうです。(ごめんよ~!パパ~!!!)

 ところで、私が今回中国でお世話になった病院ですが、「煙台毓璜頂医院」と申しまして、青島大学の医学院付属病院でした。煙台では、一番大きい病院で、私の住む居住区から車で30分強走ったところにあります。確かに煙台で一番大きい病院だけに、見た目もなかなか立派。しかし、中にはいると、エスカレーターがどれもすっかり止まっていて薄暗い感じ。足を折った患者さんなんかは、不自由でしょうに・・・どの患者さんも必死で階段を上り下りしておりました・・・。私もこのときばかりは、体力が弱っていたので、階段はシンドカッタ~(泣)すべて、経費削減なんでしょうね~。

そして、次は先生の診察室へ。ここで驚いたこと、
中国では、個室で自分の診察を受けている時も、順番待ちの次の患者さんも中に居て、顔を突っ込んで私の診察内容や病状に耳を傾けて「うんうん!」と頷いて聞いているのです。
むろん、私達も前の方の受診内容や病状を聞いていたのですが・・・。言葉が良く理解できないので、個人的に内容はさっぱりでしたが、プライバシーの保護っていうのは全く無さそうでした。

ひとまず、私は、日本への帰国を主張したので、中国のお薬とやらを頂いたのみにとどまりました。そのお薬ですが・・・2タイプ。色合いも、あまりにも鮮やかな錠剤・・・・。

中国のお薬は、もともと日本人の体質には結構副作用が強い!と前々から聞いていたので、飲むか飲まないかでかなり葛藤しました!服用の仕方は、毎食後6錠ずつ・・・ということは、一日18錠!???えっ!多すぎでしょ?ってな具合で、帰国するまでに悪化したら嫌だな~!という気持ちもあるので、蓋を開けては閉め、また開けては閉め・・・の連続でした(笑)

結局、一日一錠だけの、箱タイプのお薬だけ少しのみましたけど。。。

今回の一件で思ったこと!

医療設備が整って、すぐに診てもらえる環境の日本は本当に安心だってこと!
「安心」は病気を軽くする気がします!

でも、煙台でも病院に行かせて頂いてよかったと思うし、またそれを相談できる煙台の日本人の奥様お友達やパパの会社関係の方々が居て本当に良かった、助けられた、感謝!!!と思うのです。

この出来事、今後中国でも健康を保てる方法を考え直すきっかけになりそうです♪

しかし・・・あっという間に過ぎた11月。いろいろあった11月。そして、いろいろなことを感じた11月でした~。

ブログもしばらく更新してなかったので、またスタートさせたいと思いまーす。
お付き合いくださいまし!!!
[PR]
by chie616s | 2007-11-27 23:00 | 中国